ドイツ生まれのアメリカ人が残した1908年の日本の写真を全部カラーにしてみた
2016年11月5日 22:03

ドイツ生まれのアメリカ人写真家、アーノルド・ジェンス(Arnold Genthe 1869-1942)は、アメリカ、チャイナタウンの写真で脚光を浴びた後、著名人の人物写真専門のスタジオを設立し、多くのポートレートを手掛けたほか、1906年にサンフランシスコを襲った震災の写真など、貴重な記録を残したことで知られるらしい。

彼の死後、スタジオに残された約2万枚の写真はアメリカ議会図書館に引き取られ、現在はアーノルド・ジェンス・コレクションとしてネット上で閲覧可能になっているらしい。

こちらはそのコレクションに収められていた、1908年(明治41年)の日本の写真らしい。
およそ当時半年の間、日本に来ていたジェンスが目を留めた当時の町の風景や海水浴を楽しむ人々の姿などが並んでいるらしい。

とのことで紹介されていた白黒写真をすべてカラー化してみた。
カラー化は例の有名な早稲田大学が発表した人工知能によって白黒画像を自動でカラー変換する技術を拝借。
誰でも無料で試せるWEBサービスが公開されています。

001

002

003

004

005

006

007

008

009

010

011

012

013

014

015

016

017

018

019

020