ジャムおじさんのアテレコをしてみました。
2014年10月8日 20:27

たまたま人とジャムおじさんの話になり、話の中でちょっとジャムおじさんの真似をしたら好評だったので、一回アテレコをしてみました。
ううむ…、いかがですか?悪くはないかもしれませんね。
この歳になるまで自分がジャムおじさんをまあまあできることを知りませんでした。
ジャムおじさんができるということは、マスオさんもできるのではないか…と貪欲に考え出しています。

【追記】
なんだかこのアテレコについて同様の質問を多く頂戴いたしますのでここに追記します。
多く寄せられる質問は、
「Q.ジャムおじさんのところだけなぜ(本物の)音声がないの?」
↑なのですが、これはアンパンマンの動画内のジャムおじさんのセリフの部分だけ手動クリックでミュートボタンを押してジャムおじさんの音声部分を消しているというなんとも原始的な方法なのです。
そしてそこに私のジャムおじ(以下ジャムおじ)を入れているというわけです。
この収録は事務所で一人で行っていたのですが、作品の見た目よりも実はなかなか大変な作業でして以下の点を全てパラレルに行っているのです。
【1】隣室に(このアホな)声が漏れないように声量に気をつける
【2】携帯でスクリーンをきれいに収めてREC
【3】ある程度の台詞と台詞の尺を覚える
【4】動画内のジャムおじの部分を台詞部分を記憶し、手動でミュートして尺どおりに台詞を吐く(→ミュート解除)
【5】勿論ジャムおじものまねを意識する
【5】だけに集中して演ることができたらもっとクオリティの高いものが披露できそうな気がします。
すごく、5WAYインディペンデンスなのです。